トレード履歴

これまでのトレードや配当金投資による収益の実績です。記事内のリンクをクリックすると月次の収支報告記事が読めます。

2014年

株取引:-33,649

  • 4月から現在の勤め先に正規職員として働き始めるが、生活費等の支払い後の手残りの少なさに愕然とする。給料だけでは生活は豊かにならないことに気付き、なんとなく株取引を始める。
  • 初めて買った銘柄は9424:日本通信。購入直後から下げ始め、塩漬けに。株価が上がるよう祈る日が続くが、ある日耐えきれずロスカット。3万近い損失に衝撃を受けるも、株価の値動きには規則性・再現性があるかもしれないと感じる。

2015年

株取引:-431,969円

  • 素人の勉強では利益を出すまでに時間がかかると判断し、株取引のスクールに入会。テクニカル分析・スイングトレードを学び始める。基礎コース20万くらい。
  • スクールの手法でトレードを実践。
  • “日経平均株価のトレンドに個別銘柄も動く。だから、日経平均株価のテクニカル分析をして、同じようなトレンドが出そうな個別銘柄でトレードする”という方針。
  • 仕事を終えたあと、毎日東証一部上場企業を約150銘柄テクニカル分析する生活が始まる。

2016年 

株取引:-452,441円

  • スクールの手法でトレードを継続。毎日150銘柄テクニカル分析も継続。だが、損失が膨らんでいく。
  • 利益が出せないのは知識が足りないためだと思い、スクールの上級コースを申し込む。80万くらい。

2017年

株取引:-151,138円

  • スクールの上級コースで学ぶが、利益が積み上げられない。
  • 個別株を毎日150銘柄分析することに疑問を感じているところ、日経平均株価に連動する日経レバ(1570)という銘柄があることに気づく。以降、日経レバでのみトレードを行うようになる。
  • NYダウやドル円が日経平均株価に影響を与えていることに気づく。

2018年

株取引:+846,325円

  • スクールの手法では利益が出せないと判断し、独自の手法を模索し始める。
  • 2015年の損失(約43万)分以上の利益が出せなかった場合、トレードをやめる決意をし、トレードを行う。だが、利益が出せない。
  • 9月末、利益が出せないことに絶望しながらテクニカル分析をしていたところ、トレンド発生のタイミングに一定の法則があることに気づく(後の『3本足の法則』)。
  • 10~12月でかつてない利益を出し、これまでの損失の大部分を取り戻す。

2019年

株取引  : -651,531円
先物取引 :-3,290,333円
FX    :  -3,423円
KO・OP  : +565,883円

  • 日経225先物mini、FX、ノックアウトOPといった様々な取引に手を出す。
  • 仕事を辞めたいと考えるようになり、いわゆる億トレーダーを目指す。手元にある金を全てトレードに回す。
  • ”値動きの天井と底を想定して、株価指数・為替問わず稼げそうなやつでトレードする”という方針。
  • 月に100万稼いで、同じ月内で100万以上損をするという状況が続く。

2020年

2020.4月末時点
先物取引 : - 270,171円
FX    :   76,599円
KO・OP  :-1,401,037円

  • 2019年からの無茶なトレードの結果、2020年3月に投資資金が底を尽きる。
  • 複雑だったトレード手法を見直し、”3本足の法則で、ドル円のみでFXトレードを行う”という方針に変更。投資資金をかき集め、4月から新たな手法でトレードを再開。
【実績報告】トレード収支は-66,951円でした(2020.4月分)

2014~2020年 総額